2008年10月27日

「いつか王子様が」補足

  〜NHKジャズピアノ講座(6−1)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの58ページを開いて下さい。
 
  <譜例6−8>「いつか王子様が」です。

この楽譜でも問題ありませんが、
  ほんの少し工夫すると、さらに良くなりますよ。

♪1小節目「B♭M7」

右手「レ」のすぐ下に、「ド」(9th)を加える。

♪2小節目「D7」

両手とも第3音を弾くのは、もったいない。
右手の「♯ファ」を消して「♭ミ」(♭9th)にする。
1拍目「♯」を消したので、3拍目「ファ」に「♯」を付ける。

♪3小節目「E♭M7」

左手「1−5」の間に「3(ソ)」を加えよう。「1−3−5」に。

♪4小節目「G7」

「Dm7」を消して「G7」だけにしよう。

右手メロディーすぐ下の「ファ」を「♭ミ」に変える。
1拍目「ド」も消して最初から「シ」を弾く。

左手は「レ」を消して「レ」から短3度上の「ファ」と、
「レ」から完全5度下の「ソ」にする。
結果は「ソ、ファ」(短7度)の音程になる。

           ☆

この後は、自分でやってみて下さい。と言っても、
     ジャズを学んだ人にしか出来ませんけれど…。

ほんの1音を変えたり、加えたりするだけで、
           この楽譜、さらに良くなりますよ。


posted by テル先生 at 21:00| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サテンドール」修正1

  〜NHKジャズピアノ講座(6−2)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの50ページを開いて下さい。
<譜例6−1>「サテンドール」です。

まず原曲を知ること。

原曲を知っていると、このテキストの2小節目「G7」
を見ただけで、「お!マッコイだな」と、わかります。

さらに、これを3度音程で弾く、次(51)ページの上段
1〜4小節で決定的に「お!マッコイ」と確信出来ます。

この4小節を覚えて、そのままセッションで弾くと、
 「お!マッコイのコピーじゃねえか…!」と、
バカにされるので絶対に人前では弾かないこと。

コピーは大切な勉強です。
しかし、それは家でこっそりと隠れて研究するもの。

名画「モナリザ」を、
    そっくり模写して、展覧会に出す人はいません。
       (当り前でしょう。盗作ですよね)。

でも、家で模写して、構図や色使いを学ぶことは必要。

ですから模写(音楽では耳コピ)は、どんどんやっていい。
良い勉強になりますからね。

音楽、絵画、習字、小説、言語、スポーツ、すべてのこと、
最初は「真似」から入ります。

ヒロコ先生も30ページで紹介しているマッコイのCDを
「若い時に」さんざん聴きまくり(弾きまくり)ました。

「あ!ゴメンなさい。今も若いです。美しいで〜す!」

その結果、ヒロコ先生の潜在意識の中には「この演奏」が
しみ込んでいるので、これ以外は、絶対に認められない。

この曲は、こう弾かなきゃ「サテンドール」じゃないぞ!

そのように私達に訴え掛けてくる気迫を感じます。(ウソ)

あなたは原曲を知って、フェイクの1例として
     この楽譜を学ばさせていただけばいいのです。

             ☆

では、原曲のメロディーを学びましょう。

50ページの1〜4小節目を見て下さい。

♪1小節目

8分音符4つ「ラ、ソ、ラ、ソ」と書いて、
   最後の「ソ」が「タイ」で
3拍目「ソ」(8分音符)に、つながります。

「ラソラソーラーー」

♪2小節目

この譜面では、「1拍半」休んでから8分音符(ラ)ですが、
逆にして、最初を「8分休符」、「ラ」を付点4分音符にします。
4小節目「A7」の譜割を参考に、音だけを置き換えて下さい。

「(ン)ラーーソラーー」

♪3小節目

1小節目で直した譜割と同じにして下さい。

「シラシラーシーー」

2拍目裏に「シ」を加え、次の「シ」と「タイ」でつなぐ。

以上で4小節が完成しました。
まず、これを覚えて、それから自分なりに変えて下さい。

物事には順序があって、まず原曲。そして作り変える。

でも、たまには逆があってもいいかも?
   最初に「フェイク」を知り、後で「原曲」を学ぶ。

1番問題なのは「にせ物」を「本物」と信じ込まされて
       骨董品を高額で買うこと。
 これは、気が付かなければ、当人は幸せなのかな?
posted by テル先生 at 19:08| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サテンドール」修正2

  〜NHKジャズピアノ講座(6−3)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの50ページを開いて下さい。
<譜例6−1>「サテンドール」です。

まず原曲を知ること。(昨日と3日前にも書きました)

今回は、<コード進行>を修正します。

まず最初の4小節、
   テキストは次のようになっています。

|Dm7|G7|Em7|A7|

これを、以下のように直して下さい。

|Dm7G7|Dm7G7|Em7A7|Em7A7|

見ればわかるように
     「Dm7 G7」を1小節に入れて繰り返します。

これが「テーマの時」のコード進行です。
曲集を何冊も調べて確認しましたが、すべて同じでした。

オスカー・ピーターソン、マッコイ・タイナーのCDでも、
このように弾いていますから、間違いありません。

ですから、あなたも、このコード進行でテーマを弾きましょう。

では、テキストのコード進行は…?

これは「アドリブ・コーラス」では、このように弾きます。

つまり、テーマは|Dm7 G7|Dm7 G7|と細かく弾き、
アドリブ・コーラスでは|Dm7|G7|と、大きく弾くのです。

これと同じように「サビ」の1〜2、5〜6小節も直して下さい。

|Gm7 C7|Gm7 C7|(テキスト3段目1〜2小節目)
|Am7 D7|Am7 D7|(テキスト4段目1〜2小節目)

このコード進行も、「テーマの時だけ」です。
「アドリブ・コーラス」は、大きく|Gm7|C7|で弾きます。

時には、もっと大きく|C7|C7|と弾くこともあります。

             ☆

何回も言いますが、「まず原曲を知ること」。

今回の場合、原曲を知らないでセッションに参加したら?

みんなは、テーマの時に細かく弾いているのに、
あなただけが、大きく弾くことになります。

重要なコード楽器を受け持つあなただけが勘違いなんて!

原曲を知っていれば、こんな重大な問題は起こりません。
誰かがアレンジした曲集を見ても、
   「あ、この編曲者は、ここと、ここを変えているな」
                 と、わかるからです。

それから自分が編曲する場合でも、勝手に変えるのではなく、
理論に基づいてアレンジする。(根拠、明確な理由が必要)。

             ☆

では、最後に課題を出しましょう。

<課題 1>
「サビ」1〜2、5〜6小節、原曲のメロディーを調べよう。

<課題 2>
「サビ」7〜8小節目、コード進行を調べ、必要なら変える。
posted by テル先生 at 19:04| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サテンドール」修正3

  〜NHKジャズピアノ講座(6−4)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの50ページを開いて下さい。
      <譜例6−1>「サテンドール」です。

前回に続き、今回も<コード進行>を修正します。

「サビ」の後半7〜8小節目(全体の23〜24)
    テキストでは4段目の3〜4小節目、
             次のようになっていますね。

   |Dm7|Em7 A7|

これを、以下のように直して下さい。

   |G7|G7|

まず、これが1番の基本です。

ここは「ドミナント」が来なければならないのです。
(正当な理由は、いくつもありますが、書く方も、
読む方も大変ですので、一部分しか書きません)。

ここで、あなたに言いたいことは、
「ジャズは自由な音楽だから何をやってもいい」
とは言っても、最低限の守るルールがあります。

ルールの中での「自由」です。

例えば、ブルースの5小節目は「サブ・ドミ」に行く。
これが「基本」で、そこに行き着く途中は自由です。
また「自由」と言っても理論的に連結していること。

さて、この曲の「サビ」全体を見て下さい。

|Gm7|C7| F | F |
|Am7|D7| G7| G7|

もう、これを見ただけでも、わかると思いますが、
前半4小節に対して後半4小節が対応している。

前半4小節の「メロディー」「コード進行」が全音上がり、
後半の4小節を構成しているのです。

少しの違いは「F」は「サブ・ドミ」のキーに一時的転調。
「G7」は「キーC」のドミナントですから「7thコード」です。

これで、すべて釣り合いが取れ、世界は平和になります。

初心者は、このコード進行を覚えてから練習して下さい。

              ☆

ここまでが「前置き」で、ここからは「応用編」です。

では|G7|G7|を少し変えてみたい人はどうするか?

すぐに考えられるのが「G7」を「Um7 X7」に分割する。

       |Dm7|G7|ですね。

ただし前小節(6)に「D7」があるので「Dm7(BassG)」

   |Am7|D7|Dm7(BassG)|G7|

テキストの「Dm7」は、ここ(G7)から出て来たのです。

つまり「G7」(お母さん)から生まれて来た「Dm7」(赤ちゃん)。

            ところが…

お母さんの腕の中で遊んでいたら、突然お母さんの失踪事件!
赤ちゃん、ビックリ、不安!「ママ〜、どこ行ったの〜」状態です。

              ☆

          お話、変わって…

6小節目「D7」は、「G7」に行くために、ここにやって来ました。
     ジャズでは「ファイブ・オブ・ファイブ」、
         クラシックでは「ドッペル・ドミナント」と呼びます。

シッポまでアンコがいっぱい入った「タイ焼き」を食べたいから、
  山手線に乗って池袋西武デパート地下まで行ったのに、
      閉店時間を少し過ぎていて売り切れ!

    「ワタシは、何のために、ここまで来たのよ〜!」

   人生、生きる目的を失った人の嘆き、悲しみ状態!

      それが、このテキストの「D7」です。

   あまりにも、かわいそうじゃないですか、「D7」さん。

 あなたなら救えます。7小節目「G7」を弾いてあげるのです。

 「G7」に会うためにやって来た「D7」さんに、
    生きる喜び、目的を与えてあげようではありませんか!

    …    …    …

  「お後が、よろしいようで…」

「♪チャン、チャン」(完全4度上行で歌ってね!)
「レ→ソ」=「D7→G7」(はくしゅ〜、パチ、パチ、パラ!)
posted by テル先生 at 19:00| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「A列車で行こう」(1)

  〜NHKジャズピアノ講座(6−5)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの55ページを開いて下さい。
<譜例6−6>「A列車で行こう」です。

初めて曲に挑戦する時は、必ず原曲を調べること。
特に誰かがアレンジした曲集を弾く時は絶対必要。

原曲を知らないと、
   「どこが変えられているのか」わかりません。

誰かが変えたメロディーを原曲だと信じて覚えたら
後で困ることが沢山ありますので注意が必要です。

順序として、まず原曲のメロディーを覚える。
それから、自分なりに変えてみる。(フェイク)

原曲を知っていれば
CDを聴いた時や、アレンジ譜を弾く時も
ここが変えられている、と理解出来ます。

           ☆

56ページ上から2段目[B]の2小節目。
コードは「F」で、メロディ−「(ド)ミーーラードー」。

原曲は「ミファーーラードー」です。

テキストの1拍目(8分音符)「ド」を消して
    長3度上の「ミ」に変える。
(前の小節からの「タイ」は、なくなります)

テキストの1拍目裏(付点4分音符)「ミ」を消して
    長7度下の「ファ」に変える。

この小節の、すぐ下の小節、3段目の2小節目「D7」も、
今、変えたメロディーと同じように変更して下さい。
ただし「ファ」は「♯ファ」に変わります。
「ミ ♯ファーーラードー」

この曲の良さは「同じモチーフで1音だけ変わるところ」

皆さんは、あくまでも「原曲のメロディー」を覚えましょう。

以下、あなたも原曲の楽譜と比べて検討して下さい。

原曲とは、1段譜(2段譜もあり)で歌詞も書いてある譜面。
誰かがアレンジした2段譜では変えられていますのでダメ。

[A1]3小節目「D7」の譜割
[A1]6小節目「G7」メロディー。

[A2]3小節目「D7」の譜割
[A2]6小節目「G7」メロディー。
[A2]7〜8小節目「C」

[B]3〜4小節目「F」
[B]7〜8小節目「G7」または「Dm7、G7」

[A3]3小節目「D7」の譜割
[A3]6小節目「G7」メロディー。
[A3]7〜8小節目「C」


1冊だけでなく、何冊か見比べるといいですよ。
posted by テル先生 at 10:14| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「A列車で行こう」(2)

 〜NHKジャズピアノ講座(6−6)〜

「A列車で行こう」(修正)2回目です。
          今回も勉強になりますよ。

何とも不思議な「ミスプリント」の話です。

「今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々 テキスト ¥1、260

テキストの55ページを開いて下さい。

下から2段目1〜2小節の「Dm7 | G7」
メロディー「ラ」(全音符)から「タイ」が次の小節へ。

次(56)ページ上段1〜2小節目も同じですね。

         ところが!

この56ページ下段の1〜2小節目は?

   何と!「タイ」が、ありません?

3回とも同じメロディーで、前の2回は「タイ」があるのに、
この3回目だけは「タイ」が、ない?

これは完全な「ミスプリント」ですね。

「本当だ。じゃあ<タイ>を付ければいいんですね」
と、あなたは早速「タイ」を…。

「おっとっと、早まってはいけません」

ここから<不思議な話>が展開します。

実は、この明らかな「ミスプリント」が、
            実は、実は「正解!」なんです。

「え!どういうこと…?」

つまり「タイ」がない方が「原曲」なのです。
「タイ」があるのは、ヒロコ先生の「フェイク」。
(いや、「タイ」付きの楽譜も少しありました)。

「G7」のメロディー1拍目の「ラ」から弾くのが原曲で、
ほとんどの楽譜が、そうなっています。

しかも、1拍目「ラ」には歌詞が付いています。
      歌なら歌詞を省略する訳にはいきません。

しかし、演奏の時は許されるのですね。
(デューク・エリントンが、やっているのかな?)

ただし、あなたは、まず原曲を覚えましょう。

いつも話しているように、
    原曲を知った後なら
       どこをどのように変えてもいいのです。

ということで、ミスプリントは、そのままにして、
       「タイ」(あっている方?)を取って下さい。

なお、「タイ」を付けているアレンジも
        少しですがありましたので、
     原曲を知った上でやるのなら構いませんよ。

           ☆

それから、もう一つ「G7」のメロディーについて。

「ラ、♯ラ、シ、ミ、ソ、♭ソ、ファ、レ」の最後の「レ」。

実は、この「レ」、原曲は「♭レ」なのです。
     (いろいろな楽譜を調べて下さい)

「G7」の1拍目からメロディーを弾いて、
           交互に聴き比べてみましょう。

あなたは、どちらが好きですか?

原曲は「♭レ」ですが、
       実際には「レ」で演奏する人も多いです。

この最後の音に注目して、
   いろいろな人のアレンジ譜を見たり、
      ジャズピアニストのCDを聴くと楽しいですよ。

この部分は、完全に2つの派に分かれているのです。

あなたは「フラット派?」、それとも「ナチュラル派?」

原曲を知っていると、こんな楽しみ方も出来るのですね。

あなたも持っている楽譜やCDを調べてコメントして下さい。
posted by テル先生 at 10:11| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「A列車で行こう」(3)

 〜NHKジャズピアノ講座(6−7)〜

「A列車で行こう」(3回目)の話です。

「今日からあなたもジャズピアニスト」
 NHK趣味悠々 テキスト ¥1、260

テキストの55ページを開いて下さい。

上から2段目3小節目「D7」のメロディー、
      「ミーー♯ソ〜」となっていますが、
原曲は、最初の「ミ」が8分音符で、
    「♯ソ」は、すぐ後(1拍目の裏)に来て
      「ミ♯ソ〜」です。

「D7」すぐ下の小節を見て下さい。(3段目3小節目)
コード「C」のメロディー「ドミ〜」は同じ譜割ですね。

原曲は、この「D7」と「C」の小節は
        それぞれ3回とも同じメロディーです。

「D7」=「ミ♯ソ〜」
テーマの3、11、27小節目
簡単に言えば、形式「A-A-B-A」の「A」3小節目。

「C」=「ドミ〜」
テーマの7、15、31小節目
「A-A-B-A」それぞれの「A」の7小節目は同じ。

実は「A列車〜」では、このモチーフが重要です。

「サビ」の3小節目と7小節目は「ミラ〜」です。
(「ミ」8分音符の後、すぐに「ラ」1拍目の裏)

テキストの次(56)ページ上から2段目3小節目、
3段目3小節目が同じモチーフなのです。
   (「A-A-B-A」の「B」3小節目と7小節目)

このモチーフ(8分音符から下行)の逆方向モチーフが、
「B」1小節目、5小節目の「ラド〜」(短3度で上行)。

クラシックのように同じモチーフを徹底的に使うのが
伝統的な作曲法のコツ(いや常識、規則、約束事)。

以上の小節、原曲のメロディーを理解してから、
テキストでは、どう変えているのか見ていきましょう。

            ☆

最初の「D7」は「♯ソ」を2拍目裏で弾いていますね。

原曲を変えるなら、この位置しかありません。
各拍の頭ではつまらない。3、4拍目の裏では遅すぎる。

2回目「A」の「D7」は「ミ、♯レ、ミ、♯ソ〜」ですね。
1回目とは違うことをしようと思ったのですね。

このアイデアを「C」のメロディーに応用すると、
「ド、シ、ド、ミ〜」になりますよね。

さらに形式「B」の1、5小節目「ラド〜」に応用すると、
「ラ、♯ソ、ラ、ド〜」または「ラ、シ、ラ、ド〜」に。

            ☆

テーマの7小節目「C」のメロディーは原曲どおりです。

ところが2回目「A」の7小節目は「ド」だけにしています。
(テキスト56ページ上段3〜4小節目)

原曲は、ここも「ドミ〜」ですが、「ド」で終わらせたくなる。

    <ここが最重要ポイント!>

「曲の解釈」の問題なのです。

ここは確かに「ド」で終わらせたら落ち着きます。
普通だったら当然「ド」で正解。

ところが作曲者は沢山の名曲を作ってきた人。
           
  <普通に終わらせたくなかった>

さあ、あなたは、どちらの考えを受け入れますか?

この問題に正解はありません。
       好みの問題、解釈の問題だからです。

私の調べた範囲では「原曲派」が多いですが、
             「終わらせ派?」も確かにいます。

この問題、いつも言っているように、原曲を知った上で、
       後は自分がいいと思う方をやればいいのです。

人生、自分が信じる道を歩んで行けばいいということですね。
posted by テル先生 at 10:06| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。