2008年10月05日

ブルースを弾こう!(3)

NHKジャズピアノ講座(4−4)

誰でも弾けるアドリブの話をします。

「誰でも…」ということは、
       「ピアノ未経験者でも」弾けます。

「お猿さんでも」絶対に弾けますので、
        人間が弾けない訳がありません。

なぜなら…

「わずか1音を、1本指だけでもいいからです」。

         ☆

「今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々 テキスト ¥1、260

誰でも「F ブルース」が絶対に弾けます。

テキストの39ページを開いて下さい。

付録CD-9〜11トラックを聴きながら、
     <譜例4−7、8>を練習しましょう。

♪右手は、

1.書いてあるアドリブ・フレーズを弾いてみる。
弾けない人は「ファ」の音だけ弾いていればいい。

2.フェイクしよう。少し自分なりに変えてみる。

3.アドリブで自由に好きなように弾いてみよう。

♪左手は、

1.コードを、書いてあるとおりに弾く。

2.リズムを付けて、自由に弾いて下さい。

 左手を弾けない人は、弾かなくてもいいです。
(これは超初心者の場合。普通は当然弾きます)

♪誰でも弾けるアドリブ方法

38ページ<譜例4−6−1>のスケールを
上行したり、下行したりして遊びましょう。

人生に右往左往している「あなたの心境」を
     音楽で表現すると思って、
  鍵盤上をあっちこっちと「さ迷い」ましょう。

次の順で練習すると、本当に誰でも弾けます。
(付録CD−9〜11に合わせて弾きましょう)

1.「ファ」のみ1音を弾く。

 これは冗談ではありません。ここが肝心!
 1音ということは、メロディーは弾けない。
 「いかに、リズムを作れるか」が重要課題。
 この課題がカッコよく弾けたら以下は楽勝。
 でも、1音だけって、以外と難しいですよ。

2.「ファ、短3度上の♭ラ」2音。

3.「ファ、全音下の♭ミ」2音。

4.上記2、3を組み合わせて3音。

5.「ファ、♭ラ、♭シ」3音。

6.「ファ、♭ラ、♭シ、ド」4音。

7.「ファ、♭ラ、♭シ、ド、♭ミ」5音。
  「♭ミ」は「ファ」から短7度上、または全音下で使う。

8.以上を組み合わせて、自由に、好きなように弾く。

9.最後に「♭5=♭ド(実音シ)」を加えたスケールで…。
  これが<譜例4−6−1>です。6音。

以上は、多少ピアノを弾ける人なら全員出来るアドリブです。

「出来ない」と言う人は、自分でそう思い込んでいる人です。
「自分も弾けるはずだ」と信じて練習すれば必ず弾けますよ。

40年の指導歴で、弾けなかった人は1人もいませんでした。

          ☆

♪「ピアノなんて弾けない」
        と思い込んでいる超初心者へ

左手コードを弾かなくても、右手だけでも充分です。
CDの伴奏があれば、片手で誰でも楽しく弾けますよ。

1本指奏法でも、ベースとドラムに合わせて弾けば、
「今日からあなたもジャズピアニスト」になれます。

忙しいヒロコ先生が作ってくれた大切な教材です。
テキストとCDを有効に使って楽しんで下さいね。


posted by テル先生 at 18:26| Comment(0) | 第4回 ブルーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルースを弾こう!(2)

NHKジャズピアノ講座(4−3)

「今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々 テキスト ¥1、260

「Fブルース」練習の続きです。

テキストの39ページを開いて下さい。
 (付録CDも使いますので用意)

ブルースのコード進行を使った「リズム強化訓練」と
「アドリブ練習」も兼ねた一石二鳥のおいしい訓練です。
  
この訓練で、ジャズで大切なリズムの乗り方、
        アフタービートを完全に身に付けて下さい。

<譜例4−7>を練習しましょう。

右手は、メロディー(アドリブ・フレーズ例)
左手は、コードをアフタービート(2拍、4拍目)で弾きます。

第1回目の放送でヒロコ先生が教えてくれた「スイング」。

テキストの13ページ<譜例1−4、5>(付録CD−2、3)
の練習を思い出して下さい。

フィンガースナップを、2拍、4拍目に入れましたよね。
その要領で、ここでは左手コードを弾けばいいのです。

応用の練習方法を以前に説明しました。
「アフタービート修得法」を参照。

では、練習して下さい。

止まらないで弾けるようになった人は、
    付録CD(9トラック目)に合わせて練習しましょう。

1コーラス目は、ヒロコ先生が弾いてくれていますので、
      あなたも一緒に合わせて弾き、
           2コーラス目は自分1人で弾きます。

最初は、このフレーズ例を練習して、
    慣れてきたら自分なりに変えて自由に弾きましょう。

          ☆

以上が出来るようになりましたら、
  同じように<譜例4−8>(CD−10)も練習して下さい。

<応用課題 1>
左手コードを2拍、4拍目で弾く。

<応用課題 2>
左手コードを、ずっと4分音符で弾き続けて、
       2拍、4拍目にアクセントを付ける。

          ☆

今回の2つの課題、決して軽く見てはいけません。

「ノリ」のことは勿論ですが、
  このフレーズを弾けるようになったら、
   応用、発展させてアドリブも出来るようになります。

「では、楽しんで練習してね!」
posted by テル先生 at 14:07| Comment(0) | 第4回 ブルーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルースを弾こう!(1)

NHKジャズピアノ講座(4−2)

今日から「F ブルース」を練習しましょう。
誰でも簡単なアドリブなら弾けるようになります。

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの35ページを開いて下さい。譜例4−2

    「クール・ストラッティン」

原曲のCDは、34ページで紹介されていますね。

番組中でも、CDのテーマ演奏部分を
       1コーラス+7小節目まで聴けます。
画面に「第4回テーマ ブルース」と表示の時、
男性アナウンサー説明のバックで流れています。
(映像は、放送の第4回目の録画を見て下さい)。

原曲を何回か聴いて、曲の雰囲気をつかみましょう。

           ☆

♪<左手コード>の説明
(テキスト35ページ、譜例4−2)

「F7」
♭ミ=♭7、ラ=3

「B♭7」 
レ=3、♭ラ=♭7、(ド=9)
「♭ラ」の長3度上の音「ド」を加えて下さい。
下から「レ、♭ラ、ド」(3、♭7、9)になります。

ヒロコ先生は、そのように弾いていますね。
難しいと思った人は「レ、♭ラ」だけでいいですよ。

「D7」
♯ファ=3、ド=♭7

「Gm7」
ファ=♭7、♭シ=♭3

12小節目の「Gm7」は「G7」に変えましょう。
「♭シ」にナチュラルを付けて「シ」にします。
(その後の「C7」の「♭シ」の音に♭を付ける)

こうすると前後のコードが半音で下降して流れがいい。
「D7」♯ファ、ド
「G7」 ファ、シ
「C7」 ミ、♭シ

ヒロコ先生が、そのように弾いていますね。
録画の映像をよく見て確認して下さい。

「C7」
ミ=3、♭シ=♭7

♪<テーマを弾こう!>

テーマのメロディーを練習して下さい。
左手のコードは、説明したコードです。

最初は、コードを全音符で弾いて、
慣れてきたら好きなように弾きましょう。

カッコいい左手の入れ方を知りたい人は、
ヒロコ先生がテーマを1コーラス弾く場面があります。

その時の「左手の入れ方」を参考にしましょう。

         ☆

テーマのメロディーを弾けるようになった人は
 テキスト付録CD<11トラック目>にある
F ブルースのカラオケに合わせて弾きましょう。

この曲を弾く時は、弱起の曲ですから
  ワン、ツー、スリーの裏から弾き始めます。

では、楽しんで練習して下さい。

「今日からあなたもジャズピアニスト」の気分に…。
posted by テル先生 at 13:36| Comment(0) | 第4回 ブルーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

ライヴ体験ブルース!

<ライヴ体験ブルース!>
 
NHKジャズピアノ講座(4−4)

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

<第4回目の放送>
番組最後のトリオ演奏を何回も繰り返して見ましょう。

ブルースのコード進行を頭で思い浮かべながら
             演奏をしっかり聴いて下さい。

「演奏の最後まで、どこを演奏しているのか?」
        
       「わかりますか?」
   
「途中見失わないで、付いて行けるでしょうか?」

♪「Now’s The Time」(Fブルース)

<テーマ>
2コーラス(12×2回)

<アドリブ>ピアノ・アドリブ
3コーラス(12×3回)

<ベース・ソロ>
2コーラス(12×2回)

<ドラム・4バース>
2コーラス(12×2回)

<テーマ>
1コーラス(12+エンディング)
posted by テル先生 at 20:35| Comment(0) | 第4回 ブルーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。