2008年10月03日

NHKジャズピアノ講座(第3回)

<リズムを乗り分けよう>

NHKジャズピアノ講座(3−1)

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

第3回目の放送が終りました。

今回のテーマは「アドリブ」でしたが、
  始めに「リズム・トレーニング」をしましょう。

テキスト28ページ<譜例3−1>を弾いて下さい。

コード進行は「キーGの基本ブルース」ですね。

<気を付けること>

各小節の1拍目が半拍前に出ていますよね。
このような時は、アクセントを付けて弾きます。

さらに、足で4分音符を踏んでリズムに乗る。
その時、足もつられて半拍前に出ないように。

つまり、手が半拍前に出る時でも、
足は、ずっと4分音符を規則正しく踏み続けること。

以上のことに気を付けて、次の練習をして下さい。

    <練習課題 1>

8ビートのリズムに乗って弾きましょう。
       8分音符を跳ねないで弾きます。

    <練習課題 2>

4ビートのリズムに乗って弾きましょう。
         8分音符を跳ねて弾きます。

第1回目の「スイング」ですね。
  以前注意したことを思い出して下さいね。
    「ウサギのダンス」や跳ね過ぎないように!

   ================

<カッコいい弾き方秘伝>

NHKジャズピアノ講座(3−2)

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキスト28ページ<譜例3−1>を見て下さい。
キーGの「基本ブルース」でしたね。

このブログ「リズムを乗り分けよう」(4月16日)
  で課題にしていたのですが、練習しましたか?

8ビート(8分音符を跳ねない)と4ビート(跳ねる)
を乗り分けるリズム訓練になる、という話でしたね。

実は、この課題、もっとカッコよく弾けますよ。

この譜面は、あくまでも基本の弾き方で、
実際のジャズ・ピアニストは、もっとカッコよく弾きます。

「どうやって?」(あなた)

「知りたいですか?秘密のカッコいい弾き方を…」

「知りたい!教えて!早くして〜」(あなた)

「どうしようかな〜。教えるのやめようかな〜」

こんなカッコいい秘密の弾き方を、
「無料で教えるなんて、もったいないぞ!」
と思っているテル先生は、なかなか教えてくれません。

ところが、優しいヒロコ先生は、何の惜しげもなく
カッコいい秘伝の弾き方を教えてくれるのです!

第3回目(4月16日)の放送を見直して下さい。

藤井くんや、林さんに弾かせている時の伴奏、
ヒロコ先生の右手に注目して下さい。

譜面とは違う弾き方をしていることに、
      あなたは気が付いていましたか?

録画映像を何回も見直して研究して下さい。

特に人差指と中指の一瞬の動きを見逃さないこと。

これが隠し味でおいしい演奏になる秘訣なのです。

どうです。こうやって弾くとカッコいいでしょう?
これが、本当のジャズ・ピアニストの弾き方です。

こんな秘密は、市販の教則本に書いてありません。
もしあっても、微妙な瞬間を映像で何回も見れる幸せ。

貴重な秘伝を教えてくれたヒロコ先生に感謝しましょう。

本日(08年4月21日)放送
「スタジオパークでこんにちは」
での映像でも弾いていて、秘伝がハッキリ伝わりますよ。

 「ヒロコ先生、ありがとうございました!」


posted by テル先生 at 08:41| Comment(0) | 第3回 ブギウギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。