2008年10月27日

「A列車で行こう」(1)

  〜NHKジャズピアノ講座(6−5)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの55ページを開いて下さい。
<譜例6−6>「A列車で行こう」です。

初めて曲に挑戦する時は、必ず原曲を調べること。
特に誰かがアレンジした曲集を弾く時は絶対必要。

原曲を知らないと、
   「どこが変えられているのか」わかりません。

誰かが変えたメロディーを原曲だと信じて覚えたら
後で困ることが沢山ありますので注意が必要です。

順序として、まず原曲のメロディーを覚える。
それから、自分なりに変えてみる。(フェイク)

原曲を知っていれば
CDを聴いた時や、アレンジ譜を弾く時も
ここが変えられている、と理解出来ます。

           ☆

56ページ上から2段目[B]の2小節目。
コードは「F」で、メロディ−「(ド)ミーーラードー」。

原曲は「ミファーーラードー」です。

テキストの1拍目(8分音符)「ド」を消して
    長3度上の「ミ」に変える。
(前の小節からの「タイ」は、なくなります)

テキストの1拍目裏(付点4分音符)「ミ」を消して
    長7度下の「ファ」に変える。

この小節の、すぐ下の小節、3段目の2小節目「D7」も、
今、変えたメロディーと同じように変更して下さい。
ただし「ファ」は「♯ファ」に変わります。
「ミ ♯ファーーラードー」

この曲の良さは「同じモチーフで1音だけ変わるところ」

皆さんは、あくまでも「原曲のメロディー」を覚えましょう。

以下、あなたも原曲の楽譜と比べて検討して下さい。

原曲とは、1段譜(2段譜もあり)で歌詞も書いてある譜面。
誰かがアレンジした2段譜では変えられていますのでダメ。

[A1]3小節目「D7」の譜割
[A1]6小節目「G7」メロディー。

[A2]3小節目「D7」の譜割
[A2]6小節目「G7」メロディー。
[A2]7〜8小節目「C」

[B]3〜4小節目「F」
[B]7〜8小節目「G7」または「Dm7、G7」

[A3]3小節目「D7」の譜割
[A3]6小節目「G7」メロディー。
[A3]7〜8小節目「C」


1冊だけでなく、何冊か見比べるといいですよ。


posted by テル先生 at 10:14| Comment(0) | 第6回 スタンダード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。