2008年10月26日

さ迷う「枯葉」解説(1)

さ迷う「枯葉」解説(1)

 〜NHKジャズピアノ講座(7−4)〜

「あなたを悩ますGm七色仮面」編

今回は「枯葉」に関する4回目の話です。
   順番に前の1〜3回から読んで下さい。
(「枯葉」を弾こう!(1)(2)と、昨日の記事です)。

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

テキストの64ページを開いて下さい。
     <譜例7−1>「枯葉」です。

このページに出て来る「Gm7」のコードを、
          すべて「Gm」にする。(7を取る)
その理由は、マイナーキーのトニックだからです。

ここまでは第1回目に
       他のコードの変更と共に言いました。

そして「Gm」には旋律的短音階を使うことも…。
上行と下行が違いますので気を付けて下さい。

上行は「ソ、ラ、♭シ、ド、レ、ミ、♯ファ、ソ」
           「ミ」は、ナチュラルです。

下行は「ソ、ファ、♭ミ、レ、ド、♭シ、ラ、ソ」
          「ファ」は、ナチュラルです。

上行と下行の違いは6度と7度の2音だけです。
上行は「ミ」(ナチュラル)と「♯ファ」
下行は「ファ」(ナチュラル)と「♭ミ」

ピアノで何回も弾いて確実に覚えて下さい。

次は「コードの話」に進みます。

コードを作る時は、上行スケールで作ります。

「Gm」=「ソ、♭シ、レ」(3和音)

基本の4和音は、

「Gm6」=「ソ、♭シ、レ、ミ」
     
      または

「Gm(M7)」=「ソ、♭シ、レ、♯ファ」

この「Gm(M7)」コードは、
「Gm7」=「ソ、♭シ、レ、ファ」とは違います。
第7音が「♯ファ」(長7度)と「ファ」(短7度)。
この違いを、しっかりと覚えておいて下さい。

♪ジャズでは「Gm」(トニック・マイナー)の時に
「6th」を加えて使う場合が多いです。

「Gm6」と書いていなくても
「Gm」と書いてあったら「Gm」=「Gm6」です。
(ただしコード進行の前後関係で判断します。
本当は「Gm7」なのに「7」が抜けている場合
などは、当然「6」ではなく「7」ですからね)。

この辺の判断は、
   ジャズ理論やコード進行を学んで
        見分けられるようにしましょう。

それから絶対に「6」という訳ではなく、意図的に
「Gm」(三和音)、時には「Gm(M7」も使います。

それと、もう1つ「Gm7」とは区別して考えて下さい。
「Gm7」も絶対に間違いではありませんが、やはり
特殊な例なので、後日説明したいと思っています。

今回の話を、まとめます。

マイナーキーのトニック(Tm)のコードは、

「Tm」、「Tm6」、「Tm(M7)」

使用スケールは、
旋律的短音階(メロディック・マイナー・スケール)。

まずは、この基本を充分に理解して下さい。
     初心者は当分の間、これだけで充分です。

この後、さらに発展させた話に進みますが、
     以上のことをマスターした人が対象です。

では、また明日、お会いしましょう。


posted by テル先生 at 01:47| Comment(0) | 第7回 「枯葉」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。